スカルプケアで薄毛対策

育毛、発毛などの薄毛対策を行っていきます。

薄毛対策にはバナナの皮!?

たまたまヤフーニュースを見ていたら面白い記事がありました。「薄毛対策」にはバナナの皮、、、」とゆうタイトルで書かれている記事です。ダイヤモンド・オンラインの記事です。果物の皮って実より栄養分が豊富ってよく言われますよね。リンゴの皮、ブドウの皮などなど、今回はバナナの皮に注目しました。

バナナの皮は薄毛に効くのか?

シクロユーカレノンという成分

シクロユーカレノンという成分が薄毛に効くと言われていてバナナの皮にその成分があるようです。バナナの皮に含まれているシクロユーカレノンは5-α還元酵素の働きを阻害してくれるみたいです。AGAは5-α還元酵素は男性ホルモンのテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変化させ、ヘアサイクルに影響を与えます。シクロユーカレノンが薄毛に効くとゆうのは5-α還元酵素に影響を与えるからだそうです。

バナナの皮食べる?

シクロユーカレノンを摂取するのはバナナの皮を食べることがいいみたいですが、バナナの皮食べたことありますか?私はありませんが、どうやらまずいようです。果物の皮って栄養が豊富なのが多いのでブドウの皮とかリンゴの皮とか食べたりはしますがバナナをそのまま食べるって焼けばいけるのかな?正直、栄養が豊富かもしれませんが農薬的なものが心配です。

シクロユーカレノンのサプリ

直接食べるのが無理ならサプリメントならっておもって調べてみたらシクロユーカレノン配合のサプリ見つけました。健康食品、健康器具のマキノ・オンラインストアには「水の勢」といわれるサプリメントです。契約農家で栽培された有機無農薬のバナナの皮から抽出された成分が入っているようです。しかし完売御礼みたいです。昔から完売なのか、それともバナナの皮で薄毛改善ブームが到来しているのでしょうか。

アンファーのスカルプDサプリメント

他にもシクロユーカレノンが配合しているサプリメントを探していたらアンファー (ANGFA) スカルプD サプリメント ゴールド 5α-Rにバナナの皮の成分シクロユーカレノンが配合しているみたいです。他にも緑茶、ノコギリヤシ、ウコンなどのエキスも配合してます。amazonで売ってるみたいです。AGAの原因の一つである5-α還元酵素の働きによるDHTの変化を阻害してくれる薄毛治療薬といえばプロペシアが有名ですが、薬とゆうことで副作用など薬が合わない方もいるかと思います。それに比べ自然の食材からの抽出されたサプリメントなら心配がなさそうですね。

皮脂が頭皮に絶対必要な2つの理由

皮脂は何かと汚いイメージがついてそうですが、皮脂は頭皮を守るとっても大切なものです。皮脂が頭皮に必要な理由を書いてみました。

皮脂が頭皮に必要な理由

皮脂は頭皮を守るバリア

皮脂は外部からの刺激を守ってくれるバリアみたいな役割をしてくれます。外部からの刺激とゆうのはまずは紫外線です。紫外線は頭皮に炎症をもたらし、髪の毛が育ちにくくなります。また、皮脂から紫外線を守ってくれているとはいえ油断は禁物。紫外線を浴び続けるのはよくないので頭皮用の日焼け止めや帽子などを被って紫外線を守りましょう。また、ほこりや花粉などの小さなごみなども頭皮に直接つかないように皮脂が守ってくれています。

頭皮の水分を閉じ込めてくれる

皮脂は頭皮の水分が蒸発して外に出ないように皮膚の水分を閉じ込めてくれる天然の保湿クリームです。皮脂は体から出てくる脂と汗が混ざりあってできてて皮膚全体を覆ってくれています。皮脂は頭皮のうるおいを保ってくれるとても大切なものです。

薄毛の原因となってしまうのも皮脂

皮脂は外部からの刺激を守ってくれたり、保湿してくれたりととても大切な役割を持っていますが、薄毛の原因の一つとなってしまうのも皮脂であります。紫外線により皮脂は酸化してしまい、頭皮に悪影響を及ぼしてしまいます。また、皮脂とほこりなどが混ざり、毛穴につまり育毛の妨げになってしまいます。

毎日のシャンプーで汚れた皮脂を取り除こう

夜にシャンプーすることで紫外線やほこりから守ってくれた皮脂たちを取り除きましょう。ほおっておくと毛穴つまり、ふけやかゆみの原因となり、頭皮、髪の毛に悪影響を及ぼします。毎日シャンプーをして頭皮を清潔に保ちましょう。

洗い過ぎは禁物

頭皮をごしごし洗ったり、洗浄力の強いシャンプー剤を使うと皮脂を根こそぎ洗い落としてしまい、皮脂が無い状態になってしまいます。そうなると頭皮がうるおい不足となり、皮脂の過剰分泌が起きてしまい。頭皮のべたつきやテカリが発生し健康な頭皮状態が維持しにくくなります。皮脂の洗い過ぎによって大量の皮脂の分泌につながり悪循環となってしまいます。

皮脂を摂り過ぎず頭皮を健康に保つ

皮脂を摂り過ぎずに汚れをしっかり取り頭皮を健康に保つって結構大変だし難しいかもしれません。このバランスを保つ手助けをしてくれるのがアミノ酸系のシャンプーです。頭皮と髪の毛と同じたんぱく質からできているアミノ酸系シャンプーは頭皮と同じ弱酸性で低刺激。大切な皮脂を保ちつつ、優しく洗浄してくれます。

私も5年近く愛用してます!おすすめシャンプー

 また、冷水シャワーは頭皮の血行促進と、過剰な皮脂分泌の抑制になると言われています。
頭皮に冷水シャワー?効果はあるのか

ぜひ参考にしてみて頭皮と皮脂を清潔に保ちましょう。

薄毛・育毛の治療はどこ診てもらえばいいか迷ってる方へ

薄毛や育毛の治療を行いたい場合はどの病院で診てもらえばいいでしょうか、また、薄毛や育毛で悩んだりアドバイスが欲しい場合はどこにいけばいいのでしょうか。ネットを見れば薄毛の原因や育毛剤の紹介がわんさか出てきますが、専門医に教えてもらいたい人も多くいると思います。本当に自分に合ったものが知りたい場合は専門の人に実と貰うのが一番です。

薄毛、育毛の相談は皮膚科で

髪の毛の相談ですが髪の毛は頭皮とゆう皮膚から生えてきています。髪が生えてこなかったり、抜け毛が多かったりする原因は頭皮トラブルが原因かもしれません。頭皮も皮膚の一部に当たりますから、皮膚科でも薄毛・育毛の悩みについての相談や治療はしてもらうことが可能です。もしも薄毛・育毛に悩んでいるという人は、一人で悩まずに早めに、薄毛・育毛治療を始めることをお勧めします。
早めに行けばそれだけ症状が軽いうちに薄毛・育毛の悩みの解消をすることができますから安心ではないでしょうか。

薄毛に悩めば悩むほど進行してしまう

薄毛や抜け毛はストレスが原因の一つともいわれています。悩めば悩むほどにストレスとなり薄毛や抜け毛の進行を早める可能性も出てきます。そのようなことで悪循環しないようにするためにも、早めに皮膚科などへ行って診察をしてもらうといいでしょう。皮膚科では薄毛の治療法だけではなくアドバイスもくれると思います。少し気になりだしたくらいの時に早め行って診てもらった方があとあと治療がスムーズに終了すると思います。

薄毛専門の頭髪外来

薄毛・育毛は皮膚科でも見てもらえますが、今は専門的に薄毛・幾も治療を行っているところもあります。頭髪外来とゆうのはという薄毛・育毛の治療、診断を専門におこなう診療科がある病院もあります。

ひどい症状や、より専門的な治療を受けていきたいと思っている人の場合には、頭髪治療専門の病院へ行った方が薄毛・育毛を早く対処することが出来るのではないでしょうか。

また、頭髪外来は髪の毛や頭皮に悩んでいる患者さんが殆どですので、普通の皮膚科で診てもらうより恥ずかしさが少ないと思います。

悩んでいないで早めに行く

悩んでいないで早めに行く、これが薄毛・育毛治療のポイントです。薄毛や育毛に悩んだり、アドバイスが欲しい場合は皮膚科、または薄毛の治療を専門的に行う頭皮外来で診断してもらいましょう。頭皮外来ではマイクロスコープで頭皮をチェックしてくれたり、薄毛の治療薬が自分の体に合うかどうかなどを診断してくれます。

親に感謝!!ありがたや。ありがたや。

今週のお題「感謝したいこと」

なんか書いて読み直してみたら歳老いてきた感じの文章になってきましたが、とりあえず書いてみました。

健康な体で産んでくれたこと親に感謝

最近アラフォーの仲間入りとなった私ですが、健康な体で産んでくれたこと親に感謝しています。最近では、目や耳、体力は少しずつ劣ろえてきていますが、これといって大病に見舞われることなく、少し薄毛に悩むぐらいでいたって日々の暮らしに支障はきたしていません。この健康が長く続くように自分自身をあまり甘やかさずに日々精進していきます。

18までしっかり育ててくれたことに感謝

18歳から大学進学で実家を出て他県で一人暮らしを始めました。とうとう実家にいたときより、他県にいた時間の方が多くなりました。歳をとるごとに行くていくことの難しさを感じています。

母に感謝

18歳から1人暮らしをしてもう20年近くたちます。家事はじぶんでやらなければいけますせん。毎日掃除(私はできてない)、毎日洗濯(私はできてない)、朝昼晩3食の飯作り(これは1人暮らしして1度もやったことない気がする)、弁当作りなどをやる度、お金を稼いで自分一人で稼いでいる度に両親は18歳まで自分をしっかり育ててくれたことは尊敬しかありません。高校3年間は毎日弁当を作っていた母。自分のリクエストに応えて作ってくれた母。すげーな!!って思う。

父に感謝

父は生まれたときからずーっと同じ職に就いています。自営業だったからかもしれませんが4、50年同じ仕事を続けられるってゆうのはもうすでに5、6回転職している私には無理です。決して裕福ではありませんが大学進学までさせてくれた父。もし、自分のこどもが私立大学に行くために1人暮らしをしたいと言ったら、正直、ちゃんと背中を押せるかどうか心配です。歳をとればとるほどこの育手の偉業(といっていいかわかりませんが僕には無理なので偉業と呼ばせていただきます)を痛感しいます。

コロナ禍で会えませんが元気でいてください。

うちは兄妹が3人いて1人でも育児は大変そうなのに3人も育てたことは私には真似ができないことです。コロナ禍で感染者が過去最高になりつつある年末。実家までの距離が遠いので今年の正月は帰省できないと思いますが、今はほんとに便利。スマホでテレビ電話もできるし、ライングループもあり、兄弟とも仲良く連絡を取っています。親にも感謝ですが、このようなテクノロジーにも感謝しています。いつまでもお元気でいてください。

あんまり真面目に書き過ぎると鬱っぽい感じになっちゃいますが毎日のほほんとハッピーに暮らしています。

枕で薄毛の原因になりかねない2つの理由

枕は良質な睡眠をするための重要な寝具です。しかし枕によっては薄毛が進行する原因にもなります。寝ている間に髪の毛は育つものなので寝ることは重要であり、良い枕、自分に合った枕を使うことは良質な睡眠が毎日同じものを使う人が殆どです。枕と薄毛の関係を調べてみました。

枕が薄毛の原因?枕と薄毛の関係

睡眠不足

睡眠不足はお肌の天敵であり、頭皮の天敵でもあります。寝ている間に髪の毛は育っていき、成長ホルモンが分泌されます。良質な睡眠は薄毛対策になります。みなさんは枕にこだわりがありますか?私は特にありません。寝つきがいい方でどこでも寝れる自信がありますwしかし中なかにはマイ枕じゃないと眠れない人や環境によって寝つきが悪くなる人があります。睡眠の環境を整えることが良質な睡眠を得る第一歩であり、育毛にはとても重要になります。睡眠は1日の約1/3~1/4時間を費やしています。枕選びは重要でありますのでとことん選ぶのも大切かと思います。

枕の不衛生

枕は不衛生になりやすく雑菌も増えやすいです。人は寝ている間に汗をかきます。そしてよだれもたらします。よだれや汗が枕にしみ込んで不衛生となり雑菌がふえていきます。そんな雑菌いっぱいの枕を頭にのせたら不潔になってしまいます。せっかくシャンプーで頭皮を洗って、綺麗にして頭皮環境を整えたのに枕によって頭皮環境が乱れる可能性が出てきます。枕は清潔にしておきましょう。

枕を清潔にする2つの方法

枕カバー

枕を洗うことは難しいですが、枕カバー毎日洗えて毎日取り換えることができます。枕カバーをいくつか買って取り換えて使いましょう。また、枕カバーが無い場合はタオルなどを敷いたり、バスタオルなどの大きいタオルを枕にくるめて使いましょう。

天日干し

枕の天日干しはとても簡単でとても重要です。日光消毒はとても簡単できる雑菌除去です。いつも嫌われているお日様の紫外線は殺菌力があります。晴れた日は枕を干してあげましょう。お日様の匂いがして寝る時とても気持ちいいですよ。

枕で頭皮ケアが台無しになりかねない

意外と薄毛・育毛と枕がどう関係しているのか知らない人も多いのですが、薄毛・育毛に枕はとても関係しています。もう少し枕に気を使う必要があります。枕カバーの交換、枕の天日干しなどを枕を清潔に保ちましょう。

今まであまり枕について気にしていなかったという人も、枕についてもう少し気を使うようになれば薄毛・育毛の悩みの解消につながると思います。

 

20代からでも早くない!薄毛の予防

もし自分の髪の毛がふさふさの20代だったら、薄毛の予防はしないと思います。自分がハゲるとゆう想像があまりないのと危機感も薄いと思います。私自身がそうでした。20代前後は髪のことなんて気にすることもなく、暴飲暴食、不摂生な生活を繰り返していました。ほんと今思うと少しでも髪の毛をいたわってればこんなに悩まなかったのに、、、と思います。

20代からの薄毛予防

遅かれ早かれ、薄毛、AGAは必ず来ると思っておいた方がいいかもしれません。20代から薄毛予防は決して早くないと私は思います。若いころの無理した蓄積が速くて20代後半から30代、30代後半から髪に影響してくると思います。薄毛予防を少し気にかけていましょう。

食べ物

ジャンクフード、インスタントラーメン、コンビニ弁当が学生時代の食事でした。社会人2、3年目のそんな感じで料理は一切しない。いわなくても体に悪いとわかります。ジャンクフード、インスタントラーメンはできるだけ避け休みの日はできるだけ料理する。牛丼にキムチ、お新香(野菜)をのっけるなどして少しでも食事に気を使っていきましょう。栄養不足はサプリメントで補いましょう。

寝不足

居酒屋で飲んでその後、カラオケでオールして出社。今思うとすげーな俺。とか思っちゃいます(笑)寝不足はお肌の天敵とは言いますが頭皮もお肌も皮膚であり繋がっています。仕事ならある程度仕方ないとしてできるだけ睡眠を削って夜更かしや遊ぶのはほどほどにしておきましょう。

頭皮ケア

頭皮ケアは何かとお金がかかりますが、お金のかからない頭皮ケアもあります。頭皮マッサージは自分でできるお金のかからない頭皮ケアです。ふろ上がりなどに頭皮マッサージを毎日してあげましょう。アミノ酸系シャンプー、薄毛予防のサプリメント育毛剤などはあればもちろんいいですが、コストがかかるのでお財布と相談して使っていきましょう。生活が圧迫してストレスになることは無いようにしましょう。

苦にならない程度で始めよう

薄毛・育毛の予防策は色々とありますが、まずは自分が続けられることから始めてみるのがいいと思います。あれもこれもとやるとかえってストレスになるかもしれません。ストレスは髪の毛の天敵なので気を付けましょう。

薄毛・育毛の予防は原因を知ることが大切だといいましたが、栄養バランスやストレス、生活習慣といった健康に毎日過ごすとことがまず一番大切なことだと私は思います。生活習慣を改善するだけでも体も健康になりますし、薄毛・育毛予防にも十分につながり、育毛剤を買ったりサプリメントを買ったりと出費を減らせます。

上記に書いたことは理想だと思います。そんなこと言われても、自分で薄毛・育毛の予防が出来る人はいいのですが、人によっては、薄毛・育毛の予防が自分でできないという人もいるとおもいます。そんな方は専門家や病院でカウンセリングしてもらって予防策を教えてもらいましょう。

 

頭皮に冷水シャワー?効果はあるのか

薄毛・育毛に悩んでいる頭皮に冷水シャワーをかけることで血行促進の効果があるとされています。頭皮ではありませんんが温かいお湯と冷たいお湯を交互に入る冷温浴とゆう健康法みたいなものも実際にはあるみたいです。頭皮に冷温浴を実際にやってみての感想や効果などを書いてみました。

温浴とは

冷たい風呂と温かい風呂を交互に入ることです。暖かい風呂約42度に2、3分入った後、20度前後の冷たい風呂に約30秒入ることをワンセットとして3~5回繰り返す方法です。自律神経のバランスを整えてくれたり、血行促進、冷え性、肩こりに効果があるとされています。

頭皮に冷水シャワーの効果は

頭皮に暖かいシャワーと冷たいシャワーを交互にかけることで血行が良くなる効果があるようです。暖かいシャワーで血管を拡張、冷たいシャワーで血管を収縮し、それを繰り返すことによって血の巡りをよくする効果があるようです。血行が良い状態の風呂上り後に育毛剤を使うことはベストなスカルプケアではないかと思います。

冷水シャワーの注意点

風邪には気を付けてください。特に冬の時期は冷水を頭にかけるのはとても勇気がいります。無理をしない程度に実践してみてください。冷水シャワーは長いことしなくてもよいみたいです。熱すぎるシャワー、冷たすぎるシャワーはかえって頭皮に負担がかかるので気を付けてください。冷たいシャワーを浴びた後は冷たい水が頭皮からぽたぽた落ち体にもついてしまい、寒さが倍増するので終わったら必ずしっかりふき取ってぽたぽた水を落とさないようにしましょう。

実際にやってみた

実際に冷水と温水シャワーを交互にかけてみた。冬のこの時期にやるのは結構きつい。しかし、最後冷水で絞めてしばらくしていると頭皮が冷たいが中からじわじわあったかくなっていることが実感できる。何日か続けなければいけないけど結構これはしんどいなって思った。

万全な調子で行ってください

頭皮への水と温水の繰り返しは血行促進に効果がありますが、冷水シャワーは特に冬の場合、寒いです。風邪をひかないように注意してください。また血管や心臓に負担がかかるので心臓の弱い方や高齢者はおすすめできません。私もちょっと無理かなって思いました。修業に近い感じがしました(あくまで個人の感想です。)洗顔でも暖かいお湯で洗顔した後、冷水で洗うと毛穴が閉まると言われていますが結局時間がたつと開いちゃうからあまり顔にはおススメしていないようです。